ラピスピアッチェ | ジョイントコンサートのお知らせ:左手のピアニスト智内威雄・詩人井野口慧子共演!

開催日時

響き合う魂~ピアノと言霊のコラボレーション~ 左手のピアニスト智内威雄・詩人井野口慧子 日時:2014年5月17日(土曜日)12時半開場 13時開演 場所:星ビルオルゴールティ―サロン(広島市中区)チケット:5,000円(ケーキと飲み物付き)全席自由 コンサートは終了しました           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ラピスピアッチェ on  | 

星ビルオルゴール・ティーサロン

この度のジョイントコンサートが行われる会場、星ビルオルゴール・ティーサロンの紹介です。

広島市中区にあるオルゴールティーサロン
DSC02142_convert_20140125234038.jpg

とっても落ち着いた雰囲気の素敵なお店。100年前のオルゴールの音色にうっとりします。
お出迎えしてくれるのは笑顔が素敵な店員さんです。
DSC02146_convert_20140125234501.jpg

ケーキセットはこんな感じです。これはローズヒップティーとチーズケーキ(コンサート当日はこの写真とは異なります)
DSC02162_convert_20140125235537.jpg

コンサート当日はケーキセットのみですが、アフタヌーンティーセットというのもメニューにあります。サンドイッチも入っていてお腹いっぱいになります。スコーンがとってもおいしいですよ!
DSC02159_convert_20140125235411.jpg


住所: 〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町1丁目6−9
電話:082-249-1942


X1wd2Cgu8wR6jwyh-km8JBWAkEzU4,In6VXppOxzZ0KPImL2FxwgbktvorqSLC1X8CF92oVRg3p-l0_blh5VOJX0laVeASKwpqhX0l6D4dU9lPCZqBe52EtXVn2KICaZM_tBnJSoGPzkhKoQO0nwXc0O-XEZwD

詳しくはこちら

ラピスピアッチェ

スポンサーサイト
Posted by ラピスピアッチェ on  | 

本の販売

コンサート終了後は、CDと本を購入する事ができます。本を購入してくださった方へのサイン会もあります。またすでに購入しておられる方もご持参いただければ井野口さんがサインをしてくださいます。

今日は井野口さんの書かれた詩集『火の文字』から、私がとても好きな詩をご紹介します。

この度のジョイントコンサートのテーマは”響き合う魂”ですが、この詩のタイトルは”響”です。


 杉谷富代 染作品集『水の記』に

私は大地の声を吸い上げる 一本の木だ
その木から旅立っていく一羽の鳥
その鳥のはばたき
私はそのはばたきを抱き取る 一陣の風だ
風の波に舞い唄う
一枚の葉っぱ
その葉から 雫れ落ちるひとしずくの露だ
ゆらめくひとひらの光だ
見たもの聴いたもの呼吸したもの
すこやかに血をめぐったものと一緒に
いつかすべての響きになる



ラピスピアッチェ

Category : 未分類
Posted by ラピスピアッチェ on  | 

井野口慧子(いのくちけいこ)プロフィール



井野口慧子(いのくちけいこ)

広島県生まれ 広島女学院中高 早稲田大学文学部英文科卒 日本現代詩人会 広島県詩人協会会員 奥田元宋 小由女美術館 日本詩歌文学館評議員 ヒロシマピースセンター理事 東広島市社会教育委員など

<主な著書>

詩集
『愛が』(炎社 1974年)
『野を駆ける風の声を』(木耳社1975年)
『季節のランプ』(渓水社 1978年)
『光の錐』(みもざ書房1986年)
『蟬の島』(書肆山田 1994年)
『冬の帽子』(みもざ書房1988年)
『浄らかな朝』(みもざ書房2001年)
『火の文字』(コールサック社2013年)

エッセイ集
『夕空晴れて』(みもざ書房1996年)
『絵本と詩を抱えて』(みもざ書房2001年)
『魂の気配を描く画家ウジェール・カリエールへの旅』(メディクス 2007年)
『深い永遠の中へー詩が生まれる場所』(メディクス 2009年)

版画詩集
杉谷富代『森の家族』1.2.3集(アトリエ2・2 1999年~)
『消しゴム大好き~井野口美樹遺稿集』(みもざ書房 1984年)

<主な作詞>
東広島市立松賀中学校校歌(三浦和人作曲)
ミュージカル風民話劇「おさん狐三代」(デイヴィット・ハウエル)
男性合唱組曲「光の錐」 女性合唱組曲「愛が」 広島商船高等専門学校校歌 日本赤十字広島看護大学校歌(伴谷晃二)
'96ひろしま国体イメージソング「砂漠のバラ」(久石譲)
混声合唱とピアノのための組曲「旅立つものにー帰路」(松本憲治)
呉青山中・高等学校 安芸高田市美土里小学校 呉市明立小学校校歌(寺内大輔)
広島女学院同窓会の歌「どんなに時が流れても」 東広島混声合唱団の歌「すべての響きになるまで」 東広島市立中央中学校校歌(岡田陽子)
東広島市立寺西小学校創作舞台大地の響き 「寺西千年万年」(藤原康行)など。
1998年「川のほとりでわたしは生まれた」により、第2回太田玉茗賞受賞
2003年広島県教育賞
2013年広島県並びに文部科学大臣表彰<社会教育>

<主な音楽とのコラボレーション>
井上敬三(故)サックス クラリネット 
姜泰煥(カンテファン)アルトサックス
庄子勝治(サックス)
岩田英憲(パンフルート)
エンリケ坂井(フラメンコギター)
辻幹雄、明石現(11弦ギター)
清水きよし(パントマイム)
李波(馬頭琴)
竹内ひとみ(フルート)
森 純子・遠藤和子(チェロ)
中敏みのり(ヴァイオリン)
三浦和人(ボーカル)。松田俊一(キーボード)
倉田香織(エレクトーン)
奥野まさとし(シンセサイザー)
三笘フォルティン美智子(ピアノ)
林晶彦(ピアノ)
横山幸雄(ピアノ)
灰山裕章(電子音楽)
智内威雄(ピアノ)



*********************************

より詳しいプロフィールはこちらから

Posted by ラピスピアッチェ on  | 

はじめまして

ラピスピアッチェはこのジョイントコンサート開催の為に結成した会です!

この度、縁あって左手のピアニスト智内威雄さんと詩人井野口慧子さん共演のコンサートが実現する運びとなり、とても嬉しく思っています。

この度のコンサートのテーマは、”響き合う魂”~ピアノと言霊のコラボレーション”です。ピアニスト智内威雄さんが左手で奏でる繊細かつ重厚な音の響き、そして詩人井野口慧子さんの魂のこもった朗読はきっと私たちの心に深く響き渡ると思います。

コンサート開催日まで、期間限定ブログで情報をお知らせしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

ラピスピアッチェ











Category : お知らせ
Posted by ラピスピアッチェ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。