ラピスピアッチェ | ジョイントコンサートのお知らせ:左手のピアニスト智内威雄・詩人井野口慧子共演!

開催日時

響き合う魂~ピアノと言霊のコラボレーション~ 左手のピアニスト智内威雄・詩人井野口慧子 日時:2014年5月17日(土曜日)12時半開場 13時開演 場所:星ビルオルゴールティ―サロン(広島市中区)チケット:5,000円(ケーキと飲み物付き)全席自由 コンサートは終了しました           

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ラピスピアッチェ on  | 

井野口慧子(いのくちけいこ)プロフィール



井野口慧子(いのくちけいこ)

広島県生まれ 広島女学院中高 早稲田大学文学部英文科卒 日本現代詩人会 広島県詩人協会会員 奥田元宋 小由女美術館 日本詩歌文学館評議員 ヒロシマピースセンター理事 東広島市社会教育委員など

<主な著書>

詩集
『愛が』(炎社 1974年)
『野を駆ける風の声を』(木耳社1975年)
『季節のランプ』(渓水社 1978年)
『光の錐』(みもざ書房1986年)
『蟬の島』(書肆山田 1994年)
『冬の帽子』(みもざ書房1988年)
『浄らかな朝』(みもざ書房2001年)
『火の文字』(コールサック社2013年)

エッセイ集
『夕空晴れて』(みもざ書房1996年)
『絵本と詩を抱えて』(みもざ書房2001年)
『魂の気配を描く画家ウジェール・カリエールへの旅』(メディクス 2007年)
『深い永遠の中へー詩が生まれる場所』(メディクス 2009年)

版画詩集
杉谷富代『森の家族』1.2.3集(アトリエ2・2 1999年~)
『消しゴム大好き~井野口美樹遺稿集』(みもざ書房 1984年)

<主な作詞>
東広島市立松賀中学校校歌(三浦和人作曲)
ミュージカル風民話劇「おさん狐三代」(デイヴィット・ハウエル)
男性合唱組曲「光の錐」 女性合唱組曲「愛が」 広島商船高等専門学校校歌 日本赤十字広島看護大学校歌(伴谷晃二)
'96ひろしま国体イメージソング「砂漠のバラ」(久石譲)
混声合唱とピアノのための組曲「旅立つものにー帰路」(松本憲治)
呉青山中・高等学校 安芸高田市美土里小学校 呉市明立小学校校歌(寺内大輔)
広島女学院同窓会の歌「どんなに時が流れても」 東広島混声合唱団の歌「すべての響きになるまで」 東広島市立中央中学校校歌(岡田陽子)
東広島市立寺西小学校創作舞台大地の響き 「寺西千年万年」(藤原康行)など。
1998年「川のほとりでわたしは生まれた」により、第2回太田玉茗賞受賞
2003年広島県教育賞
2013年広島県並びに文部科学大臣表彰<社会教育>

<主な音楽とのコラボレーション>
井上敬三(故)サックス クラリネット 
姜泰煥(カンテファン)アルトサックス
庄子勝治(サックス)
岩田英憲(パンフルート)
エンリケ坂井(フラメンコギター)
辻幹雄、明石現(11弦ギター)
清水きよし(パントマイム)
李波(馬頭琴)
竹内ひとみ(フルート)
森 純子・遠藤和子(チェロ)
中敏みのり(ヴァイオリン)
三浦和人(ボーカル)。松田俊一(キーボード)
倉田香織(エレクトーン)
奥野まさとし(シンセサイザー)
三笘フォルティン美智子(ピアノ)
林晶彦(ピアノ)
横山幸雄(ピアノ)
灰山裕章(電子音楽)
智内威雄(ピアノ)



*********************************

より詳しいプロフィールはこちらから

井野口慧子 (いのくちけいこ)

1944年4月1日,広島県三次市生まれ。(旧姓 吉岡)
広島市立観音小学校、広島女学院中・高、早稲田大学第一文学部英文科卒業。(早稲田奉仕園キリスト教学生会で、コーラス、ワークキャンプなどを体験)。東洋大学で、図書館学を学ぶ。広島女学院高校図書館司書。「華光会」(1966~1971)画家 新延輝雄に師事)。結婚後、自宅で「明日香文庫」を開く(1981年~2011年) その間、保育所、幼稚園、小、中、高校、大学、文庫、図書館、公民館、教師研修会等で、詩と絵本の講師を務める。1969年から中国詩壇に投稿を始める。(選者 杉本春生)、「炎」「地球」同人、「河」の会、「ラ・メール」の会。木川陽子との二人誌「水声」同人(1979~2005)。季刊誌「旬遊」に''詩が生まれる場所''を連載(2004~2012)。広島大学科目等履修生(心理学)。広島大学総合科学部非常勤講師、日本文化デザイン会議、広島文化デザイン会議講師(1986~1990)。サロン大学メンバー(板橋さざなみ幼稚園で、学習会、コンサート企画など)。「美術の世界」の自主講座幹事(講師金田晉1986~1989)。未来都市みよしデザイン会議、三次市スポーツ・文化振興事業検討委員会、国民文化祭委員会(広島県2000年)、東広島市図書館等文化施設運営協議会(1985~1991)、東広島市生涯教育委員会、東広島文庫の集い代表。(1990~1994.文庫セミナー33回開催)。広島市地下空間利用特別委員会(1990~1991)、 東広島市立図書館協議会副会長、会長。市美術展運営委員会委員、広島県立美術館運営委員会(1988~1992)、県美展運営協議会(1990~1991)、広島県文化懇話会(1988~1990)、魅力ある高校懇談会(1989~1990まで10回)、ミュージカル風広島民話劇「おさん狐三代」公演実行委員会副委員長。(1991~1992)、'96ひろしま国体式典委員会、まなびピア広島'99オープニング、洋上シンポジウム。広島大学懇話会、広島大学文学部外部点検評価委員。「神戸とユーゴの子供を広島に呼ぶ会」(代表加藤りつこ、1998)、絵本講座「ルピナスの会」講師(宇品 爽風2000~2002)、「豊栄水源を愛するオリオンの会」(2001~越川道江、中西征子と)。新作能「サダコ」公演実行委員長(2000~2002)。広島芸術学会会員、委員(1987年~2012年)、広島県詩人協会副会長(2000~2009)。NHK(2003~2007)、KAMONケーブルテレビ番組審議委員。県立広島中学、高等学校評議員。広島県私学審議会委員(2001~2013)。

NHK青年の主張コンクール、NHK合唱コンクール広島大会、ひろしま国体スローガン「いのちいっぱい、咲きんさい!」、海島博マスコット名称「あび丸」選考。広島市民文芸大会、県民文化祭、国民文化祭広島県現代詩選考委員。庄原市文芸大会選考委員。東広島音頭・小唄作詞審査、第1,2回小さな優しさコンクール(広島ロイヤルライオンズクラブ主催)、「優しさ」作文コンクール(広島綜合警備保障主催)、二十一世紀のみよしに対する私の想い作文コンクール(2000年)審査、親鸞聖人750回大遠忌中国ブロック記念公募詩「いのちの讃歌」審査委員長。ミスフラワークイーン選考。第36回おかあさんコーラス中国支部広島大会講評委員。2013年公募詩「平和と希望のこどもの詩」(ニューヨーク国連本部コンサート)選考委員長など。

現在 日本現代詩人会、広島県詩人協会、東広島市自然研究会、こどもの本・九条の会広島、第九条の会ヒロシマ、丸木美術館友の会、ベシャワール会会員。日本詩歌文学館、奥田玄宋・小由女美術館評議員。認定こども園「さざなみの森」理事。東広島市社会教育委員(2002~)。ヒロシマピースセンター理事。季刊誌「Grandeひろしま」に''絵本をめぐる愛の物語''を連載中。(2013~)。ちゅーピーカルチャーセンター「詩の一日」講師(2012年~2014年3月)。

< 主な著書 >
詩集 『愛が』(炎社1974)、『野を駆ける風の声を』(木耳社1975)、『季節のランプ』(渓水社1978)、『光の錐』(みもざ書房1986)、『冬の帽子』(みもざ書房1988)、『蟬の島』(書肆山田1994)、『浄らかな朝』(みもざ書房2001)、『火の文字』(コールサック社2013)杉谷冨代版画集『森の家族』1,2,3集の詩(1999~)、井野口美樹遺稿集『消しゴム大好き』(みもざ書房1984)
エッセイ集 『夕空晴れて』(みもざ書房1996)、『絵本と詩を抱えて』(みもざ書房2001)、
『魂の気配を描く画家 ウジェーヌ・カリエールへの旅』(メディクス2007)、『深い永遠の中へ』(メディクス2009)。

< 作詞 >
東広島市立松賀中学校校歌(三浦和人作曲)、広島女子商短大、広島安芸女子大学校歌(松本憲治)、男声合唱組曲「光の錐」、女声合唱組曲「愛が」、広島商船高等専門学校校歌、日本赤十字広島看護大学校歌(伴谷晃二)、'85ひろしまフラワーフェスティバルフィナーレの詩「花からの贈り物」、ミュージカル風広島民話劇「おさん狐三代」テーマ曲他(デイビッド・ハウエル、広島交響楽団)、県立西条養護学校校歌「心の泉」、'96ひろしま国体イメージソング「砂漠のバラ」(久石譲)、サタケ製作所社歌(丸山和範)、'99広島県まなびメッセオープニング「出発の時」、混声合唱とピアノのための組曲「旅立つものにー帰路」(松本憲治)、呉青山中学、高校校歌、呉市立明立小学校校歌、安芸高田市立美土里小学校校歌(寺内大輔)、呉市立明立小学校創作舞台「明立の風」、東広島市立寺西小学校創作舞台大地の響き「寺西千年万年」(藤原康行)、広島女学院同窓会の歌「どんなに時が流れても」、「川よ水は澄んでいますか」、東広島混声合唱団歌、東広島市立中央中学校校歌(岡田陽子)、広島私立翔洋高校校歌(久留智之)。

1979,80年広島平和音楽祭佳作、優秀賞。1992年以後10回伊東静雄賞佳作。1998年第二回太田玉茗賞。1998年東広島ケーブルメディア制作「賀茂人物往来 詩人井野口慧子< 詩はわたしの人生 >中国地区ケーブルテレビ奨励賞。1998年 広島県読書推進運動協議会賞・広島県知事賞。2000年第11回日本海文学大賞佳作「境界」。2001年第14回新波の会日本歌曲コンクール「君が生まれた日」優秀賞、野の花賞。2003年平成14年度広島県教育賞。2013年平成25年度広島県社会教育 表彰、文部科学大臣表彰など。

< 主な音楽とのコラボレーション > (敬称略)
岩田英憲(パンフルート)、橋本千鳥(エレクトーン)とNHK広島FM、東広島市立美術館、県立美術館、まなびピア'99「出発の時」、東広島市立御園宇小学校「四季の歌」、似島でのユーゴ、神戸の子供達のキャンプ「風の子守歌」等。森純子(チェロ)と自作詩(詩集「光の錐」出版会 1986年広島アンデルセン)。井上敬三(故.サックス クラリネット)と「馬洗川」「幼年幻想」等。庄子勝治(サックス)、姜泰煥(アルトサックス)、朴在千(パーカッション)と 1998年''井野口慧子と3人のミュージシャン''東広島高屋松原寮他。李波(馬頭琴)と「スーホの白い馬」を、2007年3月東広島市、同年三重県桑名市、名古屋市宗次ホール。中畝みのり(ヴァイオリン)と、杉谷冨代広島文化賞受賞式「砂漠のバラ」(フルートはパベル・フォルティン)、広島芸術学会、広島アイルランド交流会他。辻幹雄(11弦ギター)と清水きよし(パントマイム)と自作詩「幼年幻想」朗読(さざなみ幼稚園ホール)。明石現(11弦ギター)清水清(パントマイム)と、ヒメネス作「プラテーロとわたし」の訳と朗読(鎌倉葉祥明美術館)。安房直子作「夢の果て」他を味戸ケイコ(朗読)、遠藤和子(チェロ)、竹内ひとみ(フルート)と、東京、広島、函館、高知で朗読。倉田香織(エレクトーン)とウィーダ原作「フランダースの犬」(2005年東広島市立美術館)。三浦和人(歌)、松田俊一(キーボード)と自作詩(2002年8月3日 再会・風の贈り物ー三浦和人with井野口慧子 アザレアホール)。奥野勝利(シンセサイザー歌)で、自作「シロツメクサ」(2010年8月1日広島市民平和の集い 国際会議場)。藤田真弓(ソプラノ)と「川よ水は澄んでいますか」朗読(2010年第10回川の町でミーティング オリエンタルホテル) 。広島女学院同窓会の歌''どんなに時が流れても''岡田陽子(ピアノ 2003年4月19日第六回ホームカミングデイ) 。 三苫フォルティン美智子( 明日香文庫、太田玉茗受賞祝賀会''川のほとりでわたしは生まれた''等。伴谷真知子(ピアノ)で自作詩とサティ、伴谷晃二作曲「日本赤十字広島看護大学校歌」披露式等。千曲風羽(ソプラノ)、林晶彦(2013年8月6日被爆ピアノ、原爆ドーム前)。2007ひろしまフラワーフェスティバルオープニングで、秋川雅史、東広島市立寺西小学校合唱部の歌と「千の風になって」を朗誦。2011年6月19日横山幸雄のピアノと松谷みよこ作「ミサコの被爆ピアノ」朗読、東日本大震災復興後援チャリティーコンサート 世界平和記念聖堂)。灰山裕章(電子音楽)と自作詩(生誕100年船田玉樹展イベント第一回広島電子音楽研究会ゲスト2013年2月10日広島県立美術館)。
智内威雄(左手のピアニスト)と、2007年から朗読とのコラボレーションを始める。2008年3月21日 自作詩「 花の言葉」他(広島市 ゲバントホール)、2008年9月23日アンデルセン作「天使」他、自作詩(神戸 ギャラリー島田)、2009年5月自作詩(横浜 磯子区民文化センターホール)、2010年11月2日小泉八雲作「衝立の女」(広島市 ライフワン)、2011年3月28日自作詩国際ソロプチミスト平和広島チャリティピアノコンサートと朗読(ANAクラウンプラザホテル広島)、浜崎ゆうこの影絵「幸福の王子」(西条ロータリークラブチャリティーコンサート東広島市中央公民館)、2012年11月14日「パリのおばあさんの物語」と自作詩(梅の実会 東広島市 エアポート、フォレストヒルズガーデン)、絵本「きいろいぞう」他。(東広島立高美が丘小学校)、宮城県被災地の「ことばの移動教室」で生まれたこども達の詩(東広島市立高屋中学校)など。2015年2月横浜 杉田劇場でジョイントコンサートが、予定されている。
スポンサーサイト
Posted by ラピスピアッチェ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。